頭皮 殺菌性分

MENU

頭皮の殺菌成分

頭皮の殺菌成分

頭皮は、菌のすみかとして温度や湿度が最適。
皮脂を栄養とする菌などが育つ環境で、
常在菌である善玉菌と一時菌である悪玉菌が存在します。
その数は1000億個とも。

 

すべての菌がダメなわけではありませんし、
ほどほどでいてくれるうちは何も問題ありません。

 

しかし、そのバランスが崩れるとフケやかゆみを招きます。
フケやかゆみは薄毛を招く危険信号。
適度な頭皮の殺菌成分で、改善・予防していきましょう。

 

ヒノキチオール

タイワンヒノキから発見・命名されました。日本のヒノキにはわずかに含まれている程度ですが、青森ヒバ油は、天然樹木精油の中で、もっとも多くヒノキチオールを含むとされています。
そのヒバやタイワンヒノキの精油から抽出される成分であり、殺菌効果に優れ、フケやかゆみを予防する効果があります。

i-メントール

ハッカ・セイヨウハッカなどの植物から採れる揮発性の精油成分で、ボディローションやシップ薬などにも広く使われています。消炎作用があるため、頭皮の殺菌に効果があります。
ハーブであるハッカやヨウシュハッカを、水蒸気蒸留により抽出したもので、昔からお菓子や飴に使われてきました。
清涼剤として、シャンプー、ボディソープ、ボディローションなどに用いられています。
シップなどにも使用されているように、消炎効果があるため、育毛剤には頭皮の殺菌成分として含まれています。

頭皮の殺菌成分関連ページ

男性ホルモン抑制
育毛剤に含まれる、脱毛因子としての男性ホルモンを抑制する成分を紹介。
血行促進
育毛剤に含まれる血行促進成分を紹介。
細胞の活性化(栄養補給)
細胞を活性化(栄養補給)する成分を紹介。
皮脂の分泌抑制
皮脂の分泌抑制する成分を紹介。
頭皮の保湿
頭皮の保湿が期待できる成分を紹介。
炎症抑制
頭皮の炎症を抑制できる成分を紹介。
代謝活性
頭皮の代謝を活性化する成分を紹介。
角質を溶解
頭皮の角質溶解剤で角質をやわらかくして、フケを予防する角質溶解剤を紹介しています。
頭皮の抗酸化成分
頭皮の酸化を抑える成分(抗酸化)を紹介しています。