皮脂の分泌抑制

MENU

皮脂の分泌抑制

皮脂は悪者なのか?

育毛にとって、まるで諸悪の根源のような扱われ方をされているのが、「皮脂」。

 

しかし、健康な髪と頭皮を維持するために皮脂は不可欠なものなのです。

 

頭皮を含んで一枚の皮膚でくるまれているのが私たち人間の体。

 

その皮膚が乾燥しないように頭皮で起こっていることが、
この皮脂と汗が混じり合うことで作り出される保護膜で、
大切な水分を失わないように守ってくれているのです。

 

もちろんこれは頭皮に限らず、体全体で起こっていることでもあります。

 

だから、育毛にとって皮脂は決してじゃまなものではなく、むしろ重要な役割を果たすものなのです。

 

皮脂の分泌抑制はしていいのか?

皮脂は悪者ではなく、むしろ良い者です。

 

しかし、この頭皮にある皮脂が過剰に分泌されることが脱毛の原因となり、
脂性や炎症、角化異常などいろいろなトラブルを引き起こしやすくなるからです。

 

だから、過剰に分泌される皮脂を抑制してあげることはありなのですね。

 

ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、カシュウ、イオウなどがよく含まれている成分です。

 

カシュウ

別名ツルドクダミ。
中国原産のタデ科のつる性多年草で、葉は心臓の形をしていてドクダミに似ています。
花は単性、白く円錐花序をなして秋に咲きます。
地下に塊根があり、漢方薬で何首烏(カシュウ)と称されています。
育毛効果は、毛根の皮脂過剰分泌を抑制して、毛穴のつまりを防ぎます。

ビタミンB6
(塩酸ピリドキシン)

水溶性のアミノ酸であり、代謝をよくする効果があります。
育毛効果は、皮脂の過剰分泌を抑制して、炎症を抑える効果もあります。

皮脂の分泌抑制関連ページ

男性ホルモン抑制
育毛剤に含まれる、脱毛因子としての男性ホルモンを抑制する成分を紹介。
血行促進
育毛剤に含まれる血行促進成分を紹介。
細胞の活性化(栄養補給)
細胞を活性化(栄養補給)する成分を紹介。
頭皮の保湿
頭皮の保湿が期待できる成分を紹介。
炎症抑制
頭皮の炎症を抑制できる成分を紹介。
代謝活性
頭皮の代謝を活性化する成分を紹介。
頭皮の殺菌成分
頭皮に繁殖する悪い菌の活動を抑制する有効成分を紹介。
角質を溶解
頭皮の角質溶解剤で角質をやわらかくして、フケを予防する角質溶解剤を紹介しています。
頭皮の抗酸化成分
頭皮の酸化を抑える成分(抗酸化)を紹介しています。