細胞の活性化 栄養補給

MENU

細胞の活性化(栄養補給)

育毛剤に含まれる細胞の活性化(栄養補給)成分

頭皮細胞を活性化する成分において、現在医薬品として唯一有効な成分として認められているのが、ミノキシジルです。
ミノキシジルは毛母細胞に直接働き掛けをおこなうことで、髪の成長を促進させます。

 

このミノキシジルは、元来血管拡張剤として血圧降圧剤として開発されたのですが、
副作用として多毛症があったことから、発毛や育毛に効果があるものとして注目されました。

 

しかし、ミノキシジル配合の育毛剤は、効果を実感するまでに半年程度かかることや、
頭皮のかゆみを感じたり、低血圧になりやすいなどの副作用も懸念されているため、
植物エキスで細胞の活性化を期待する成分も多くあります。
マイナチュレにも多く含まれているアミノ酸がそうであり、
そのほかにもビタミンB群、ワカメエキスなどが有効とされています。

 

アミノ酸

毛髪を燃やしたとき、硫黄のようなにおいがしますよね。

 

これはたんぱく質が毛髪の主成分であり、数種類のアミノ酸で構成されていて、その中で一番多いのが、硫黄を含んでいるアミノ酸である含硫アミノ酸の一つであるシスチンだからです。
シスチンは、体内において含流アミノ酸であり、毛髪中に含まれているメチオニンからも作られます。
しかし、このメチオニンは、体内で作り出せない必須アミノ酸であるため、体に補給してあげるしか方法がありません。

細胞の活性化(栄養補給)関連ページ

男性ホルモン抑制
育毛剤に含まれる、脱毛因子としての男性ホルモンを抑制する成分を紹介。
血行促進
育毛剤に含まれる血行促進成分を紹介。
皮脂の分泌抑制
皮脂の分泌抑制する成分を紹介。
頭皮の保湿
頭皮の保湿が期待できる成分を紹介。
炎症抑制
頭皮の炎症を抑制できる成分を紹介。
代謝活性
頭皮の代謝を活性化する成分を紹介。
頭皮の殺菌成分
頭皮に繁殖する悪い菌の活動を抑制する有効成分を紹介。
角質を溶解
頭皮の角質溶解剤で角質をやわらかくして、フケを予防する角質溶解剤を紹介しています。
頭皮の抗酸化成分
頭皮の酸化を抑える成分(抗酸化)を紹介しています。