シャンプー シャンプー剤 種類

MENU

シャンプーの種類

シャンプーの種類を理解しましょう

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、ほとんどの人が気になりだすのが、使用しているシャンプーのこと。

 

市販されているシャンプーにはいろんなうたい文句があって、
どれが一番自分にあっているのか目移りしてしまうはずです。

 

「ハリやコシが元通り」、「あの頃のかがやきを」、「以前のボリュームを取り戻す」などなど。

 

しかし、シャンプーの役割に書いたとおり、
シャンプーには発毛を促す効果は持ち合わせていません。

 

頭皮を健康な状態に保つのが目的ですから、頭皮の状態にあったシャンプーを選ぶのが正解となります。

 

石けん系シャンプー

脂肪酸ナトリウムからできている合成界面活性剤が入っています。
石けんですから、毛穴の汚れまでしっかり落としてくれるのですが、石けんカスが残りやすいのが特長。

 

頭皮への刺激が少なく、体に低負担のシャンプーですが、
石けん特有のゴワゴワ感はどうしてもあるため、髪の長い人には不向きです。

 

成分表示として、「石けん素地」「カリ石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」と書かれていれば、石けん系シャンプーになります。

 

高級アルコール系シャンプー

市販されているシャンプーの中で、もっとも多いのがこのタイプです。

 

大量生産しやすいため、非常に安価に作れるので、
よく目にするシャンプーのほとんどがこのタイプになります。

 

鉱物油や動植物油脂からできている合成界面活性剤が入っています。
泡立ちがよく、洗浄力が高いですし、香りもバラエティに富んでいます。
しかし、石けん系シャンプーと比べると、刺激性が高いので、肌の弱い方には不向きです。

 

成分表示として、「ラウレス硫酸〜」「ラウリル硫酸〜」「スルホン酸〜」「硫酸〜」と書かれていれば、高級アルコール系シャンプーになります。
ちなみに高級といっても高品質・高価ということでなく、炭素数が多いをあらわす意味です。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸からできている合成界面活性剤が入っています。
洗浄力は他のシャンプーに比べて弱いので、時間をかけてきちんと洗い流すことが大事です。
頭皮への刺激がもっとも少ないため、頭皮が乾燥している人や、頭皮にトラブルがある人でも使えます。

 

気をつけたいのが、アミノ酸系シャンプーとうたっていても、
成分のほとんどが高級アルコール系シャンプーなのに、
ほんの少しアミノ酸成分を含んでいるだけで、
アミノ酸系としているものがあります。
アミノ酸系シャンプーにも天然100%と合成があるのはこの違いになります。

 

アミノ酸系シャンプーの表示成分には「ココイル」「コカミド〜」「グリシン〜」「グルタミン〜」「アラニン〜」「ヤシ油脂肪酸〜」「ラウリン酸〜」「ミリスチン酸〜」などと表示されています。

 

アミノ酸系はシャンプーの中でもっともおススメなのですが、
デメリットとして原料価格が高いので、どうしても製品価格が高くなってしまいます。

 

一つの目安として、アミノ酸系シャンプーと書いてあっても、2000円以下なら合成アミノ酸系シャンプーかもしれません。

 

 

 

 

シャンプーの種類関連ページ

髪の毛の構造
髪の毛の構造を紹介。
育毛サイクル
髪の毛の育毛サイクルを紹介。
薄毛・抜け毛の症状
薄毛、抜け毛の症状を紹介。
頭のマッサージは効果あり
頭のマッサージによる頭皮の影響を紹介。
頭皮のつっぱりは危険信号
頭皮のつっぱり感からわかる症状を紹介。
お酒の飲み過ぎはだめ!
お酒の飲み過ぎが育毛に与える影響を紹介。
たばこは育毛になぜ悪い?
たばこが育毛に与える影響を紹介。
ストレスと育毛
ストレスと育の関係を紹介。
シャンプーの役割
正しくシャンプーを理解するために、シャンプーの役割を理解しましょう。
睡眠は育毛に必要か?
育毛と睡眠の関係を紹介。
食生活は育毛に重要です
育毛に効果がある食生活を紹介。
ダイエットに気をつけて
ダイエットが育毛に与える影響を紹介。
紫外線対策として帽子?
紫外線対策として帽子をかぶることは効果があるとされています。果たして本当なのでしょうか?
紫外線の影響
夏だけでなく、春から頭皮の紫外線対策をしないと、抜け毛・薄毛の原因になる場合があります。
カラーリングと薄毛の関係
カラーリングによる育毛への影響を紹介。
洗髪の適正温度って知っています?
育毛のためにシャンプーをするときの、正しいお湯の温度を知っておきましょう。
髪の老化でボリュームダウンするわけは?
髪はダメージだらけで大変。でもだれでも必ず訪れる髪の老化現象はボリュームダウンの原因となります。