女性用 育毛 情報

MENU

育毛情報あれこれ記事一覧

人間の髪の構造を図にしてみました。まずは、大きい分け方からです。皮膚の下にあって外からは見ることができない毛根と、皮膚の上にある部分の毛幹とに分かれます。毛根は、毛包に包まれていて、毛包の上部に皮脂を分泌する皮脂腺があります。毛包の下部には、球形の毛球があり、毛球の底のくぼみには、髪の毛を製造する毛乳頭があります。毛球には、髪の毛を成長させる毛母細胞が詰まっています。毛乳頭に通じている毛細血管から...

日本人の髪の毛は、頭部全体で約10万本あります。ふたたび休止期(3〜4ヶ月)がやってくるまでの一定期間、脱毛期→成長期→退行期のサイクルで、髪は成長して伸び続けます。髪の毛の成長期は約2年〜6年とされていますが、健康な人であればこの期間が後ろの方、つまり5年・6年が成長期の期間と考えていいでしょう。毛根部分で起きる毛母細胞の分裂は、一定期間で終わりとなります。それが成長期の終わりであり、退行期の約...

女性によく見られる薄毛や抜け毛は、頭皮のダメージ、トラブル、疾患によるものが多いようです。原因としては、さまざまなものがあり、結果的に以下に挙げるような症状として表れます。まずは、毎日使うシャンプーをきちんと選ぶことから始めましょう。それだけでも、頭皮の状況は改善しますよ。びまん性脱毛症びまん性脱毛症とは女性の薄毛で多い脱毛症の一つ。40代、50代以降の女性などに、特によくある薄毛の症状であり、高...

頭皮マッサージをすすめる理由頭皮の血流が悪くなることで、髪の毛を作り出す毛根に酸素や栄養素が届けられなくなります。すると、育毛に悪い影響を与えますから、薄毛や抜け毛の原因となります。頭皮の血流をよくする方法の一つが、マッサージであり、簡単に育毛効果を高められるのですから、ぜひともおこなったほうが良いでしょう。また、頭皮マッサージには、副交感神経を刺激してリラックス効果も生み出すので、やらない手はな...

頭皮のつっぱりの原因とは?「頭皮のつっぱりが最近気になる・・・。」頭皮のつっぱりは、頭皮の血行が悪くなっているのが原因といわれています。血行が悪くなると頭皮の上の筋膜がつっぱった感じになります。頭皮のつっぱりがあると何がいけない?頭皮の血行が悪いのですから、当然育毛には悪影響です。頭皮には外部からの衝撃から頭蓋骨を守る役割があって、厚みは約4mmあるといわれています。厚みがなくなるくらい、つっぱっ...

お酒を飲むと起こることほどほどのお酒は胃を刺激して、一時的に血行をよくしてくれます。胃と皮膚は密接に関係していて、お酒で顔が赤くなるのも血行がよくなった証拠。頭皮も皮膚ですから、ほどほどのお酒なら当然よい影響を受けて血行がよくなります。だからほどほどのお酒は、育毛にとって好ましい状態といえるわけです。お酒を飲み過ぎるとは?お酒の飲み過ぎは肝臓に負担をかけ、髪の毛に必要なたんぱく質が作られなくなる恐...

たばこの何が悪いのか?たばこはニコチン、タールがその主成分です。その中でも、ニコチンは血管を収縮させます。髪の毛を作り出す毛母細胞まで栄養が届かなくなりますから、全身にいろんなリスクを及ぼします。狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなりますし、脳血管にも影響しますので、脳梗塞の恐れにもつながったり、足の血管が血行不良となれば、足のしびれにもつながります。当然、育毛には悪影響なのは間違いないわけです。この...

ストレスにより起こること薄毛や抜け毛の要因としてストレスがあります。仕事や人間関係、生活の変化などで受けるストレス。また、女性ならではのストレスもたくさんあります。男性と違ったストレスが多いのが女性の特徴であり、仕事、結婚、出産、更年期、介護など。年齢に応じて、そのストレスの特徴も変化していきます。20代社会人になり、会社における女性としての仕事の進め方や、人間関係でもストレスのたまる場面は多いで...

シャンプーの種類を理解しましょう薄毛や抜け毛が気になり始めたら、ほとんどの人が気になりだすのが、使用しているシャンプーのこと。市販されているシャンプーにはいろんなうたい文句があって、どれが一番自分にあっているのか目移りしてしまうはずです。「ハリやコシが元通り」、「あの頃のかがやきを」、「以前のボリュームを取り戻す」などなど。しかし、シャンプーの役割に書いたとおり、シャンプーには発毛を促す効果は持ち...

シャンプーの役割を正しく理解するシャンプーは、髪の毛の汚れを落とすために使うものと思っていませんか?シャンプーは、その香りを楽しむためでもあり、どちらかといえば、髪を洗うものとして認知されている方もいるはずです。髪自体の汚れは、お湯だけでも充分に洗い流せるといわれており、シャンプーを直接髪にしっかりと付けて、ゴシゴシと洗う必要はないわけです。毛穴の周辺にある過剰な皮脂や整髪料などは、お湯だけではな...

睡眠は成長ホルモンに関係あり薄毛や抜け毛は、睡眠と密接な関係があるといわれています。睡眠をとることは成長ホルモンの分泌に必要であり、この成長ホルモンが肌のダメージを回復する役割をしたり、髪の毛の成長に有効なのです。成長ホルモンの分泌が一日の中で、もっとも多くされるのが、夜10時〜夜中の2時といわれており、この時間によい状態で睡眠が取れるかどうかが重要になります。髪に関係する成長ホルモンは若い頃には...

育毛によい食生活とは?人間の身体はきちんとした食生活をすることで、アミノ酸やタンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養分を吸収していきます。髪の毛はケラチンというたんぱく質から主にできていて、肉や魚、卵、乳製品、大豆などたんぱく質の豊富な食品をとると体内でアミノ酸に分解され、ケラチンに合成されます。このような合成を促進するミネラルとして、ビタミン類や亜鉛が重要で、食品の中に適切に含まれていることが理...

薄着の季節にはダイエット!春先になるとそろそろ薄着になるからと、急にダイエットに励んだりしますよね?しかも、夏までに○○Kgとか目標を立てて、少々無理なダイエットをしてしまいがち。栄養の偏った「○○だけダイエット」や摂取カロリーを極端に減らした「絶食ダイエット」などがそうでしょう。このようダイエットをおこなうと、身体が栄養失調状態になってしまいます。せっかく体重は減っても、ただ体重が減っただけで身...

紫外線対策として帽子は有効春から紫外線が多い時期に入っていくため、頭皮ケアのためにも帽子をしっかりとかぶったり、日傘を使って外出することはもちろん有効です。散歩や移動などあるくだけなら日傘の方がよさそう。UVカットの加工がされているものがなおいいですね。帽子は逆に抜け毛を増やしてしまう?例えば頭の大きさに比べて小さい帽子を長時間かぶっていたりすれば、逆に毛細血管を圧迫してしまって血行が悪くなったり...

紫外線が強いと何が薄毛、抜け毛によくないのか?小麦入りの肌は「健康的」の象徴。でも、紫外線による日焼けで、肌はSOSを発しています。紫外線の浴びすぎは、細胞分裂の速度を遅くしてコラーゲン線維にダメージを与えます。これが皮膚の老化を招く元となります。頭皮も皮膚ですから、皮の紫外線対策を怠ると、日焼けにより炎症を引き起こしたり、日焼けで毛母細胞が損傷してしまったりするため、薄毛、抜け毛の原因となります...

カラーリングやパーマはほどほどにカラーリングやパーマは髪の構造を変えることで、さまざまな状態を作り出しています。そのため、髪へのダメージは相当なものです。また、同時に頭皮への影響もありますから、ほどほどにされるのがいいようです。ちなみに、同じ方法であっても、美容院でやってもらうことで、頭皮へ薬剤が付かないようにおこなってくれるので、自宅でおこなうよりもダメージは少なくてすみます。でもコストを考える...

頭皮の余分な脂分は何度で洗いやすくなるか?頭皮にある皮脂は、なくてはならないものであることは皮脂の分泌抑制で詳細をごらんください。でも、過剰に分泌されることは、脱毛の原因となります。その余分な皮脂を荒らし流すために、もっとも適したお湯の温度が36.5度なんです。髪にダメージを与えるお湯の温度は?40度は、髪にダメージを与えてしまうとされています。40度といえば、普通にシャワーなどの設定温度としてい...

髪の毛はいろんなダメージを受けています。パーマにカラーリング、ヘアマニキュア、白髪染めなどの髪の内部へのダメージや、ドライヤーやコテなどの熱によるダメージ、紫外線や乾燥によるダメージ。これに、加齢とともに加わってくる問題が「髪の老化現象」。「最近、頭の上の部分の肌がたくさん見えるように・・・」「髪が細くなって、セットしても以前のようにフワッとならない・・・」なんて悩みが増えてきたら、この老化現象か...